2016年2月15日 Terumasa Urushizaka 0Comment

風俗求人を見て風俗嬢になった女性は何人いると思いますか?実は日本には30万人の風俗嬢がいると言われているのです。

■日本には1万店以上の風俗店がある
現在日本には1万店以上の性風俗店があることを知っていますか?これらは在籍している女性の人数がだいたい30人程度で、実際出勤している人は12人程度が相場です。許可店で働いている風俗嬢が30万人はいると考えられています。これは個人売春を除く数ですので、全てを含めればもしかすると日本には20人に一人の割合で風俗嬢をしている人が居るのかもしれません。

■30万人もいる風俗嬢の実態
風俗求人を見て風俗嬢になった人はそれぞれにヒストリーがあります。何かしらの背景を抱えてその仕事をすることになったのです。普通に大学を出て就職先を選択することができる人がわざわざあえて風俗を選ぶということはありません。お金を稼ぐことが桁違いにできて、その上誰でもやろうと思えばできる仕事を選ぶということは何かしらの理由があるのです。

■大半がお金に困っている人
大半の人が抱えるヒストリーはお金に困っているという実態です。お金に困っていない人が働いているというケースはほとんどありません。何かしらの事情を抱えた上でお金に困っているので風俗で働いているというケースがとても多いのです。年齢層も様々で、20代前半から風俗業界に飛び込む人もいれば、10代から働いているような人もいますので、本当に年齢層は幅広いです。上は50代でも働いている人も多いのです。

風俗業界で働く人の数は30万人と言われていますが、それぞれに抱えている背景は複雑で、共通して言えることとしては、お金に困っているということくらいでしょう。お金に困って風俗で働いているという人が大半です。